ぼくは霊能者「スピリチュアル戦士」その1

公開日: : 最終更新日:2016/06/24 おもしろ体験, ぼくは霊能者

足の先から頭のてっぺんまでスピリチュアルな男櫻井です Σ(‘ω’*)
謎が多い櫻井さんを少し知って貰おうシリーズ!!

今まで霊体験で死にそうになったり・・・

色々な経験してきましたが、不思議な事にこの世界では、

ドラゴンボールのサイヤ人のように、死にかけると何か得ます。

死にかけた事は一度。

それ以外にもチョコチョコピンチになっているので、

その度にできる事が増えております。

そんな経験のおかげが、守りも攻撃も得意なスピリチュアル戦士となりました。

低級な者をチャチャッと祓う事もできれば・・・

影響を受けないように防御もできる・・・

相談には、その方の守護の存在や取り巻く存在と話をして、解決に導いたり・・・

どれも知らぬ間にできるようになっている事が殆んどです。

でもでもでも・・・

その防御を搔い潜られた事が一度だけあります。

それは低級な見えない存在ではなく相手は人間。

あまりにも強力過ぎて・・・

そんな出来事がありました。

それは某SNSを通じてメールをして来た一人の女性Cさん。

「あなたも霊視できるんですか?私も霊視できるんだよ~~」

と凄く馴れ馴れしい感じ。

「仲間ですね。良かったら情報交換でもしましょうね!」

と言ったのが運の尽き(笑)

それから毎日くるネガティブメール・・・

邪の強い方だったので、腫れ物を触るように丁重に扱う。

そんなある日、いや・・・それはちょっとどうなの?

と思わせるメールが。。。

その時に送られてきた内容

「私は人を呪う事が得意なんです。
だから私に酷い事をしたり傷つけたりする人はみんな呪ってやるの。
私の呪いは強力だから、みんな事故にあったり、死んでしまったりするんだ~~」

これに対して「自分にみんな返ってくるやめた方がいいよ」

その一言でCさんはキレてしまった (; ^ω^)

「あんた私に説教してるの!?良い人だと思ったけど、
やっぱりあんたも悪い人だ!
私を怒らせると大変な事になるよ!!」

そのメールを最後にCさんとは連絡が取れなくなった。

呪い???まぁ大丈夫だろ???

その安易な考え方でいたら次の日、あんな事になるとは・・・・

続く・・・・

———————————————————–

※これは実際に体験した事を綴っております。
Facebookページにいいね!して頂けると嬉しいです。
https://www.facebook.com/bokrei


関連記事

pak85_enjinahirucyan_tp_v

類は友を呼ぶ!人助けは自分の首を絞める

因みにぼくもスピリチュアル業界に入って、 「困っている人を助けたい」 「底で燻っている人を引

記事を読む

4055e1a730a487eba8adfe86d667ec65_s

リングに上ったら本気でぶっ倒すしかない!!

ご無沙汰な感じのメルマガです(*´・д・)ノ 櫻井家第四子が誕生してから、メルマガ・ブログに対して

記事を読む

no image

【ぼくは霊能者 基本を知らずに自己流】

久しぶりの雨。 櫻井塾オフィスの準備もあったり、 心の準備もあったり、 もっともっと「経営者

記事を読む

no image

【ぼくは霊能者 お盆って大変でした】

霊能者が教える「シンプルで最強のセルフ浄霊法」 これで駄目なら専門家に頼みましょう。 櫻井式セルフ浄

記事を読む

no image

【ぼくは霊能者 続きの続き】

のばしてのばして、本日が最終章です。 と言いながら「また次回」って言うんでしょ? いやいや。

記事を読む

no image

ぼくは霊能者「悪魔の囁き」

ぼくは霊能者シリーズを1話から見たい人はコチラ↓ http://sakurai-jun.com/bl

記事を読む

wp

全てはわがままな感情から変化が始まっている。

発明にしても何にしても、 キッカケは「もうこうだったらいいのに?」 不便を便利に変えたい

記事を読む

wp

アンチから声を頂く。

  先日、「父親嫌いは母親の影響」という記事を書きましたが、 Facebookでアンチの声を

記事を読む

no image

浄霊って何???

スピリチュアルブーム??? ブームから間違ったやり方が広まり、 逆に「悪化」させる事が多い「セル

記事を読む

shikaku

【ぼくは霊能者 根っこがネガティブの方が結果ポジティブになれる】

ぼく霊至上一番長いタイトルです。 それは良いとして、周りからぼくはこう言われます。 「人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップ ↑