ぼくは霊能者

【ぼくは霊能者 秘密基地】

投稿日:2014年6月10日 更新日:

何だか最近、長男が大人の階段を登り始めたのか・・・

こんな事を言い出しました。

「もう「ちゃん付け」で呼ばないで!」

幼いころから「ちゃん付け」で呼び、そして現在小学校3年生。

もうそんな歳か???

でもぼくはひねくれ者なのでこう呼んでやりました。。。

「君・ちゃん・さん・先輩」

「君ちゃんさん先輩!!!!」と。

呼び方が全て含まれているこの呼び方。

完璧過ぎる!と心の中で思っていたら、

さすがの息子の「若干呆れ気味」

あぁ今週の土曜日で33歳になりますが、

8歳に呆れられるってまだまだ若い証拠です*’З`艸

さてさて・・・

櫻井塾秘密基地の契約が終わった?ようで、

自分の誕生日を境に事務所を持つことになりそうです。

夢にまで見た・・・事務所・・・

固定費が更に増えるので「躊躇」していたけど、

自分のフィールドを出るには「リスク」をとらなければ・・・

「大きなリターンはない!」

さぁ飛び込むよ!!!

と飛び込んでみました。

基本的に事務所は「櫻井塾の撮影」と「セミナー」がメインとなりますが、

もっともっと「有効活用したい!」と思っております。

集いの場???

何をしようか?

とまだ有効活法は未定ですが、

脳は情報を求め、きっと更なる知識を与えてくれるでしょう。

なぜ?

どうして?

どうやったら?

この単語は「脳への栄養」でもあるので、

常にそう思っていると、

気づきが増えてきます。

そんじょそこらのPCより高性能な脳を常に持ち歩いているので、

何となく!ではなく、

脳に栄養を与え、もっともっとフル活用しましょう。

脳はあなたに沢山の気づきを与え、

問題だってヒョイって感じで解決に導いてくれますよ♪

※今日も6位!!!
接戦な感じですが、見事キープです!
クリックありがとうございます♪
↓ ↓
人気ブログランキングへ

Facebookオフィシャルページを作りました!
「いいね!」して頂けると、涙出ます!!!
https://www.facebook.com/jun.sakurai.net

———————————————————–

なぜたかが霊能者が沢山の人を出世させてきたのか??
三流・四流が一番になれる凄い方法を、
メルマガで公開♪

https://witty-composer-7477.ck.page/fe81e906f8
※ドメイン指定されている方は「bok8rei☆gmail.com」から受信できるよう設定をお願い致します。
☆→@に変更してください。

電子書籍「接客下手な店員が販売のプロになれる心理術
無料プレゼント!!
もう「できない人」から卒業しましょう。
http://bit.ly/1scNfxk

ぼくは霊能者シリーズを1話から見たい人はコチラ↓

https://sakurai-jun.com/blog/?p=1883


-ぼくは霊能者

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ぼくは霊能者 雑念が…】

この仕事をしているせいか? なぜか度々聞かれる事が事があります。 「瞑想ってどうやるの???」 イヤ… ぼくは瞑想の先生ではないんだけどな… と思いつつ、でも第三の目を開眼させるには、 瞑想は必須。 …

影響力が欲しいけど「どうやったら手に入る??」

「影響力」に対して憧れがあったりしますよね。「あの人のような影響力があったらな〜」「自分もああなりたい」 ではその「あの人」は生まれつき「影響力」があったのか?違いますよね。 きっとどこかで「影響力」 …

全く違う分野の人は秘策を持っている?

ぼくは霊能者ってどんなブログ?? 霊能者という肩書きを持つ、 頭のてっぺんから足の先までスピリチュアル人間が書く、 現実的と非現実が融合するブログ。 能力が目覚めた瞬間!ぼくは霊能者第一話に掲載してお …

類は友を呼ぶ!人助けは自分の首を絞める

因みにぼくもスピリチュアル業界に入って、 「困っている人を助けたい」 「底で燻っている人を引き上げたい」 スタート時はそう思っていました。   なぜそう思ったのか? 例えば、 スピリチュアル業界で有名 …

霊能者界にある暗黙のルール

霊能者界にある暗黙のルール

霊能者と聞くと「特別な存在」 そのようにイメージされる方も少なくないと思いますが、実はあまり特別な存在ではなく、なろうと思えば「もしかしたらなれるかもしれない」それくらいのものだったりします。 霊感の …